16時間断食で痩せない原因🥺ダイエットのやり方や効果は?

「ファスティングのやり方がいまいち分らない」

「16時間断食が簡単そうでやってみたい」

ファスティング(断食)は様々な方法があり、短い期間から数日間と日数の幅が広いです。ファスティングが初心者の方に簡単に始められる「16時間断食」がおすすめです。

16時間断食で食事を抜いても痩せない方は、食事を抜く事で筋肉が減っている可能性があります。筋肉が減ってしまうと基礎代謝量が減ってしまって食事をしなくても、痩せる事ができません。

【痩せない原因🥺】は、

16時間断食中に筋肉をある程度落さないなど運動を全くしない事です。食べない事で筋肉が少なくなると代謝が低くなり痩せない原因のもとになってしまいます。痩せない体になってしまうんです!!!

16時間断食中はある程度、脂肪や糖質を落すサプリや寝ながら勝手に運動してくれる器具を併用すると痩せやすいです。サプリや器具を使うと効果が高くなり体重を落す事につながります。

おすすめのサプリ&器具はこちら

 


16時間断食中食べない事で、筋肉不足になり痩せない体になりやすいです。是非、ダイエットを補助してくれる物を併用してください。

16時間断食とは

16時間断食とは、何も食べない空腹時間を1日の中で16時間作る方法です。

この空腹時間が「ものを食べない時間を作ること」で糖尿病、がん、心血管疾患、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などの病気の予防につながる事がアメリカでの研究が証明されました。

そして食事を一定時間抜く事が体重や体脂肪の減少になりダイエットの効果が高いです。

■初心者でもできる断食のやり方と方法

夜、食べた後、お昼まで食事を抜くと”プチダイエット”の成功です。それを何日続けるか目標を決めて行うとやる気が出てきます。また夜でなくてもかまいません。連続した時間に食事を抜くやり方です。

固形物を抜いている期間、飲み物は飲んでかまいませんが、糖質やカロリーが低いか無い飲み物がベストです。特に酵素ドリンクは、炭酸やジュースと混ぜると満腹感があり美肌効果が高いです。長時間食事を抜いてお肌がボロボロにならない様に、「酵素ドリンク」がかかせません。

空腹時のお供になる酵素ドリンクやダイエットサプリの併用がおすすめです。

16時間断食おすすめサプリ&器具

効果がおすすめ:サプリやドリンク

ダイエット中に食事を食べ過ぎてしまったりしても、カロリーをカットしてくれるサプリや、食べないことでお肌や体が老けない酵素ドリンクを飲むと綺麗に痩せる事ができます。

酵素ドリンクは炭酸やジュースに混ぜると満腹感が出て腹持ちが良いです。

▼人気の痩せるサプリ&ドリンク

痩せない時はベルタ酵素でプチファスティング

ファスティングのお供に酵素ドリンク

16時間断食でダイエットをする際に栄養不足でお肌が荒れやすいですが、ベルタ酵素なら美容成分にプラセンタ・ヒアルロン酸・ザクロを配合!美肌を保ってくれます。

炭酸や水と割って飲んだり紅茶に入れても美味しくいただけます♪食事の代わりに飲むとダイエット効率がとても高いです。

ピーチ味で美味しい♪
美容+酵素ダイエット♪
酵素数165種類は業界最大級♪

>>公式:ベルタ酵素はこちら>>

※妊娠中、授乳中もお飲みいただけます。

 

 

体重が落ちない時はカロリミットで糖分脂質カット

血糖値を抑える

断食期間に糖分や脂肪の吸収を抑えてくれるダイエットサプリです。食後に血糖値の上昇を抑えてくれるので食べ過ぎた時でも頼りになってくれます。

初回モニター価格税込み1,000円!

送料無料♪
脂肪の代謝をサポートする♪
食事の糖と脂肪の吸収を抑える♪

>>公式:カロリミットはこちら>>

※12種類のビタミン配合

 

簡単な運動はSLIMPADを使う

ながら運動

充電方式で重さは111gと軽いので持ち運びも簡単です。テレビを見ながらなど、「ながら式のダイエット」に最適♪

寝ながら運動20分つけるだけ!♪
筋肉痛になるほど効果あり!♪
運動が苦手な方におすすめ!♪

>>公式 SLIMPADはこちら>>

気になる部分にはるだけでステキなボディに♪

 

ダイエットの効果の高いお水以外の飲み物

最近、断食(ファスティング)は、ダイエットや健康増進に効果的な方法として注目されています。期間中は水分補給が重要ですが、何を飲めば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。

ここでは、断食のダイエットで効果の高い飲み物について詳しくご紹介します。

1. 水

最も基本的な飲み物は水です。水はカロリーゼロで、水分補給だけでなく、デトックスや代謝アップも期待できます。常温の水や白湯がおすすめです。

2. お茶

お茶には、カテキンやポリフェノールなどの抗酸化物質が豊富に含まれています。これらの抗酸化物質は、老化の原因となる活性酸素を除去する効果があり、アンチエイジングにも期待大です。

  • 緑茶
  • ウーロン茶
  • ルイボスティー
  • ハイビスカスティー

3. ブラックコーヒー

ブラックコーヒーには、クロロゲン酸やカフェインなどの成分が含まれています。クロロゲン酸は脂肪燃焼し、カフェインは覚醒作用や集中力向上が期待できます。ただし、飲み過ぎには注意が必要です。

4. 炭酸水

炭酸水は、多少満足できる満腹感を得られます。食事前に飲むことで、食べ過ぎを防ぐことができます。ただし、人工甘味料が添加されているものは避けましょう。

5. 青汁・スムージー

青汁やスムージーは、野菜や果物の栄養を手軽に摂取することができます。ただし、糖質が含まれているものもあるので、選び方には注意が必要です。

断食中の水分補給

  • こまめに水分補給する
  • 喉が渇いてからではなく、こまめに水分補給するようにしましょう。
  • 水やお茶をメインにする
  • 水やお茶をメインに、カロリーのない飲み物を摂取しましょう。
  • 冷たい飲み物は控える
  • 冷たい飲み物は、胃腸を冷やすため、控えた方がよいでしょう。

ダイエットを成功させるためには、水分補給が重要です。

ダイエット期間はこまめに水分補給し、脱水症状を防ぎ、代謝を促進し、空腹感を軽減しましょう。

16時間断食で女性は12時間の食事制限でOK

食事制限を行う方法はいくつかありますが、ここでは代表的な方法をご紹介します。

1. 食事制限のやり方

1日のうち16時間は食事をせず、8時間の間にのみ食事をする方法です。近年、ダイエットや健康増進法として注目されています。プチ断食で女性の方は12時間とも言われています。

2. 16時間断食のやり方食事時間を決めます。

まず、1日のうち8時間の食事時間を決めましょう。例えば、朝食を8時に、夕食を16時に食べるというように決めます。女性は12時間でもかまいません。

3. 食事中は好きなものを食べる

16時間断食の食事時間中は、好きなものを食べることができます。ただし、暴飲暴食は控えましょう。

4. 水分補給をしっかりとってください。

水やお茶、コーヒーなどをこまめに飲んで、水分補給をしっかりしましょう。

5. 無理せず続ける

無理なく続けられることが大切です。最初は8時間ではなく、6時間から始めてみるのも良いでしょう。食事を抜くと以下のような効果が期待できます。

  • ダイエットの効果
  • 脂肪燃焼効果
  • 基礎代謝アップ効果
  • アンチエイジング効果
  • 炎症抑制効果

食事を抜く事は、健康な人であれば安全に実践できる方法ですが、以下の点に注意する必要があります。

  • 体調不良
  • 体重減少の停滞
  • 月経不順

一定期間食べない1日~3日間程度が人気

断食で食べないファスティングは、一定期間何も食べずに水分や栄養ドリンクのみで過ごす方法です。近年、ダイエットや健康増進法として注目されています。

食べないファスティングには、様々な種類がありますが、ここでは代表的な2つの方法をご紹介します。

1. 短期集中型ファスティング

短期集中型ファスティングは、1日~3日間程度、固形物は何も食べずに過ごす方法です。初心者向けのファスティング方法として人気があります。

短期集中型ファスティングは、健康な人であれば安全に実践できる方法ですが、以下の点に注意する必要があります。

  • 体調不良
  • 脱水症状
  • 栄養不足
  • その他

2. 長期型ファスティング

長期型ファスティングは、4日間~7日間程度何も食べずに過ごす方法です。

短期集中型ファスティングよりもダイエット効果の期待ができますが、より慎重に実践する必要があります。

飲んでいい飲み物で酵素ドリンクがキレイに痩せる

1日のうち16時間は何も食べずに過ごし、8時間の間にのみ食事をする方法です。近年、ダイエットや健康増進法として注目されています。

飲んでいいものは、以下の通りです。

  • お茶 (緑茶、紅茶、ウーロン茶など)
  • ブラックコーヒー
  • 炭酸水 (無糖)
  • 酵素ドリンク

これらの飲み物は、カロリーや糖質が少なく、水分補給やデトックス、代謝アップが期待できます。

おすすめのサプリ&器具はこちら

16時間断食で食べていい食べ物

どうしても断食中にお腹が空いて空腹に耐えられない場合、食べていいものは以下の通りです。食事を食べる8時間は何を食べてもかまいませんが、ダイエットの効果を期待するのであれば低カロリーのメニューを選びましょう。

断食の期間は低カロリーがおすすめ

  • 具なしの味噌汁
  • 無糖ヨーグルト
  • ナッツ
  • 低糖質の野菜
  • 低糖質のフルーツ
  • チーズ

これらの食品は、栄養バランスが良く、満腹感を得られます。

食事を抜く減量法のデメリット

16時間断食ダイエットは、近年注目されている減量法ですが、いくつかのデメリットがあります。

1. 体調不良

食事を抜いている期間中は、空腹感や頭痛、倦怠感、便秘などの体調不良が起こることがあります。特に、開始当初はこれらの症状が出やすい傾向があります。

2. 筋肉量の減少

16時間断食は食事を抜く事により、エネルギー不足になると、筋肉のたんぱく質を分解してエネルギーに変換する「蛋白異化作用」が働きます。そのため、筋肉量が減少してしまう可能性があります。

3. リバウンド

16時間断食で食事を抜く期間を終了すると、食欲が戻り、以前よりも多く食べてしまう可能性があります。その結果、リバウンドしてしまうことがあります。

栄養不足は16時間断食のやり方

16時間断食の8時間の間に必要な栄養素をすべて摂取するのは難しく、栄養不足になる可能性があります。

16時間断食は誰にでも向いているわけではない

以下のような方にとっては適していない場合があります。

  • 持病がある方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 痩せすぎの方

16時間断食は、1日のうち16時間は何も食べずに過ごし、8時間の間に食事をするファスティング方法です。近年、ダイエットや健康増進法として注目されています。それでも全く痩せない原因はやり方にあるかもしれません。

まず、16時間断食で1日のうち8時間の食事時間や食事メニューを決めましょう。例えば、朝食を8時に、夕食を16時に食べるというように決めます。

水分の補給

■16時間断食中は水分補給をしっかりする

空腹時は、水やお茶、コーヒーなどの水分をこまめに飲んで、水分補給をしっかりしましょう。特に夏場の断食は食事をしても熱中症になりやすいので多めに水分をとってください。

食事中は好きなものを食べる

食事時間中は、好きなものを食べることができます。ただし、暴飲暴食は控えましょう。断食で痩せたい方は低いカロリーの食事を選んでください。

特にダイエットは筋肉が少なくなると太りやすい体になります。断食中でも軽い運動も取り入れてください。

無理なく続ける

断食は、無理なく続けられることが大切です。最初は8時間ではなく、6時間断食から始めてみるのも良いでしょう。

準備期間

16時間断食の場合、それほど準備期間を設定しなくともすぐに始める事ができます。断食の回復期間も同じですぐに好きなように食事してかまいません。

16時間断食は初心者でも簡単に始められますが、断食をダイエット目的で取り組む場合は食事の内容を節制した方が痩せる事ができます。

オートファジー効果で老廃物を除去

余分な老廃物の除去する

オートファジーは、細胞内のがれきや老廃物を除去する細胞内清掃システムです。近年、アンチエイジングや健康増進が期待されるとして注目されています。

頑張る人とオートファジーの関係について、いくつかの視点から考察してみましょう。

アンチエイジングや健康増進

1. 軽いストレスがオートファジーを活性化する

適度な運動や軽いストレスは、AMPKという酵素を活性化し、オートファジーを促進することが分かっています。仕事や勉強などで適度に負荷をかけることは、結果的にオートファジーを活性化し、健康維持に役立つ可能性があります。

2. 筋肉量の増加がオートファジーを促進する

筋肉量が多い人は、少ない筋肉量の人よりもオートファジーが活性化しやすいことが研究で示されています。筋トレなどの運動で筋肉量を増やすことは、オートファジーを活性化し、アンチエイジングや健康増進を高める可能性があります。

3. 質の高い睡眠がオートファジーを促進する

睡眠中に成長ホルモンが分泌され、オートファジーが活性化することが分かっています。質の高い睡眠を十分に取ることは、オートファジーを最大限に活用するために重要です。

4. 断食やカロリー制限がオートファジーを活性化する

16時間断食などの断食や、カロリー制限はオートファジーを活性化することが知られています。ただし、無理な断食やカロリー制限は体調を崩す原因となるため、専門家の指導のもとに行うことが重要です。

頑張りすぎは逆効果になる

断食は過度なストレスや睡眠不足、運動不足は、オートファジーを抑制し、かえって逆効果になる可能性があります。断食を頑張ることは大切ですが、心身を休めることも忘れずに、断食のバランスを意識することが重要です。

痩せない時こそ軽い運動や糖質制限

断食を頑張ることは、適度であればオートファジーを活性化し、健康維持に役立つ可能性があります。しかし、頑張りすぎず、心身を休めることも忘れずに、バランスを意識することが大切です。

16時間断食で痩せないのは高カロリーや糖質のある食べ物や飲み物を摂取しているケースがあります。

  • 甘い飲み物:ジュース、スポーツドリンク、エネルギードリンクなどは、糖質が多く、カロリーも高いため控えましょう。
  • アルコール:アルコールは利尿作用があり、脱水症状を引き起こす可能性があります。また、カロリーも高いため控えましょう。
  • 人工甘味料:人工甘味料は、腸内環境を乱す可能性があります。

16時間断食はこまめに水分の補給をとりましょう。運動なしだと痩せない、もしくはゆっくりと痩せていく事になります。特に16時間断食で筋肉が落ちない様に軽い運動を取り入れてみてください。

まとめ

16時間断食について紹介してきましたが、間断で中々痩せない方は軽い運動や8時間の食事メニューを見直してみる事をおすすめします。

そして16時間断食は、1週間から1ヶ月と長めに続けることでダイエットの効果が高くなります。

断食おすすめのサプリ&器具はこちら





タイトルとURLをコピーしました