ファスティングのやり方🥤酵素ドリンクで16時間断食ダイエット

ダイエット

ファスティングとは、様々な方法で一定期間食事を一切取らずにダイエットや健康目的、海外では宗教目的による自己鍛錬で行われています。

ファスティングやり方は様々。1日、2日、3日や16時間断食などファスティングやり方や種類が豊富!

そして、初心者には16時間断食がおすすめです。夜、食べた後、お昼まで食事を抜くだけで簡単♪

ここでは、簡単にできるファスティングの、やり方を紹介しています。美容と健康のためにファスティングをはじめてみませんか?

目次

ファスティングのやり方とは?

ファスティングとは、簡単に言いますと一定の期間、食事を断つことを言います。その間、固形物は一切取らず水分のみの補給です。期間は半日から数日間になります。

断食(ファスティング)とは、読んで字の如く「食」を「断つ」事ですが様々なメリットがあり最近は若い方から人気が高いです。

▽この記事でわかる事

  • ファスティングのやり方がわかる
  • 食べていいもの飲んでいいドリンク
  • ファスティングのメリットとデメリット

特に最近は酵素ドリンクを使う方が増えてきました。酵素ドリンクはお肌や体がキレイに痩せられるので人気が高いです。

酵素ドリンクなしのファスティングは考えられないくらい効果が高い上に、綺麗に痩せる事ができるのでおすすめです。

16時間ファスティングのやり方がおすすめ

ファスティングの期間は色々ありますが、初心者の方に16時間断食(プチ断食)をおすすめします。16時間断食で食事を断つ方法なので意外と簡単です。

やり方とは

プチ断食とは、1日からの期間に行います。芸能人の方では毎日プチ断食をする方が多いです。1食または2食食事を抜く方法です。

期間の間は、十分に水分や酵素ドリンクをとる様にしてください。

例えば、夜8時に食事をした場合、次の日の朝は酵素ドリンクや水のみでお昼まで固形物を断つと16時間ファスティングになります。この繰り返しで1日から3日くらいお試ししてみてはいかがでしょうか?お水のみの断食よりは、酵素を含んだドリンクを取り入れると、お肌がボロボロになる事もなくむしろキレイになります。

16時間ファスティングのメリットは、1日のうちの一部の時間の食事抜き、残りの時間で食事を摂るパターンで何より簡単です。そして、細胞内の修復や再生が促進されるとされており胃腸を休める事ができる上に血糖値の上昇が抑制されダイエット効果があります。

ファスティングのダイエットは体重減少、身体の浄化、健康改善などに効果が高いです。それぞれの目的や目標に応じて適切なやり方を選択しますが、ダイエット目的の場合のやり方を紹介します。

  • 無理なくできる様にタイミングを適切に選ぶ
  • 食事内容はバランスの取れた食事を摂ることで栄養不足を防ぐ
  • 期間中は、こまめに水分補給(効果の高い酵素ドリンクや酵素スムージーがおすすめ)

ファスティングで使用する酵素ドリンクに意味ないなんて事はないです。ファスティングは綺麗に痩せて健康効果がとても高いです。

酵素ドリンクで痩せる!ダイエット効果

ファスティング期間中、水分や酵素を補給のために、酵素ドリンクを摂取します。酵素ドリンクは痩せる効果が高く健康的でキレイにダイエットするのに最適です。一般的に、断食中の空腹感を軽減し、栄養素を補給目的で酵素ドリンクが利用されます。

そして食事を抜くとお腹が空くので、炭酸などとまぜて飲むと満腹感が絶大ですね。酵素なしのダイエットは、お肌がボロボロになる恐れがありますので栄養をとりましょう。

ファスティング方法~美肌のやり方

朝食を抜くやり方をする方が増えてきました。断食効果が抜群に高いですね。女性芸能人で言えば、ローラさん、広末涼子さん、ダレノガレ明美さん、トリンドル玲奈さんなどです。

男性芸能人で言えば、GACKTさん、高橋一生さんは1日1食しか食べない方法だそうです。ストイックですごいですね。

朝ごはんは大切と、特に言われますが、朝を抜く16時間断食のやり方が1番簡単だと思います。朝、起きた時に酵素・スムージー・青汁・お水などを飲みます。

ファスティング中に激しい運動を控えるのはいくつかの理由がありますが、以下の軽い運動であればおすすめです。

  1. ウォーキング: 軽いウォーキングやストレッチなど、穏やかで低負荷の運動は血行を促進し、筋肉の衰えを防ぎます。
  2. ヨガやタイ・チー: ヨガやタイ・チーなどの静的な運動はリラックス効果もあり、体を酷使することなく柔軟性を保ちます。
  3. 軽いストレングス・トレーニング: 軽い重量での筋力トレーニングは筋肉を維持し、代謝を促進しますが、過度な負荷は避ける必要があります。

もしも倦怠感やめまい、または体調不良になった場合はすぐに休止してください。断食方法は低カロリーや低糖質の飲み物が痩せるポイントです!

ファスティングの目的は、食物摂取を制限することで体内の代謝プロセスを変化させ、健康や体重管理に効果をもたらすことです。そのため、ドリンクから摂取する糖質やカロリーが断食効果を損なう可能性があります。ダイエットの中でもファスティング方法はカロリー効果が高く痩せやすいです。

水分効果

以下、期間中の摂取に、おすすめの水分効果について注意すべき点を挙げます。

  1. 糖質: 血糖値の安定を保つことが重要です。糖質が多いドリンク摂取で、血糖値が急激に上昇し、断食効果を損なう可能性があります。そのため、砂糖や果糖が多く含まれるジュースや甘い飲料は避けるべきです。糖分なしの酵素ドリンクは効果が高いですね。
  2. カロリー: 断食期間中はカロリー摂取を極力抑えることが目標です。高カロリーの飲料を摂取で、本来の目的である体内の代謝プロセスを妨げる可能性があります。
  3. 水分補給: 水分補給が重要ですが、カロリーや糖質の少ない飲み物を選ぶようにしましょう。酵素、ミネラルウォーター、ハーブティー、炭酸水などが適しています。また、断食期間中には水分補給のために電解質補給の飲料も利用されることがありますが、糖質やカロリーの量にも注意が必要です。

ファスティングで使用する飲み物は無糖・酵素・低カロリーを選ぶことが重要です。

ファスティングの効果とは

3日間のファスティングは、十分な準備と注意を払って行う必要があります。以下は、一般的な3日間の手順ですが、個々の体質や健康状態に合わせて調整することが重要です。

3日間の期間中は、ジュースや酵素ドリンク、野菜スープなどの低カロリー・高栄養価の液体のみを摂取します。これには、新鮮な果物や野菜を使ったジュース、酵素ドリンク、低カロリーの野菜スープが含まれます。

期間中は、水分補給に特に注意し、水や酵素、ハーブティーなどの無カロリーの飲み物をこまめに摂取します。カフェインやアルコールは避けましょう。

ファスティング後は、リバウンドを防ぐために、健康的な食生活を心がけましょう。

3日間断食で期待できる効果

  • 体重減少
  • デトックス効果
  • 内臓機能の回復
  • 腸活・美肌効果

断食にメリットやデメリットはありますが、何といっても健康やダイエット効果が顕著でおすすめです。断食のメリットは腸活・デトックス・痩せる事ができることですね。

酵素ドリンクで見た目がキレイに!

酵素ドリンクはダイエットに利用されることがありますが、選ぶ際には品質や成分、個々の体質に合ったものを選ぶことが重要です。以下は、酵素ドリンクを選ぶ際のポイントと、おすすめの酵素ドリンクの一例です。

酵素ドリンクを選ぶポイント:

  1. 原材料と製造方法: 酵素ドリンクに使用される原材料や製造方法が重要です。できるだけ天然の原料から作られたものや、添加物が少ないものを選びましょう。有機栽培された食材から作られた酵素ドリンクも良い選択肢です。
  2. 砂糖や添加物の含有量: 砂糖や人工甘味料、着色料などの添加物が多く含まれている酵素ドリンクは避けるべきです。自然な甘味料や添加物が少ないものを選びましょう。
  3. 酵素の種類と量: 酵素の種類や含有量も重要です。消化酵素や代謝酵素など、身体の機能に役立つ多様な酵素が含まれていることが望ましいです。
  4. 価格とコストパフォーマンス: 酵素ドリンクの価格も検討するポイントですが、安価なものが必ずしも品質が良いとは限りません。品質と価格のバランスを考慮して選びましょう。

おすすめの酵素ドリンク:

  1. 生酵素ドリンク: 生の果物や野菜を発酵させて作られる酵素ドリンクは、天然の酵素が豊富に含まれています。有機栽培された食材から作られたものや、添加物が少ないものを選ぶと良いでしょう。
  2. 野菜酵素ドリンク: 野菜や果物、ハーブなどを原料として使用した酵素ドリンクもおすすめです。特に緑黄色野菜や根菜、海藻など栄養価の高い食材から作られたものが良いでしょう。
  3. 手作りの酵素ドリンク: 自宅で手軽に作ることができる酵素ドリンクもあります。例えば、野菜や果物をブレンダーで混ぜて発酵させる方法などがあります。自分で作ることで、添加物の酵素を避けることができます。

最終的には、自身の体質や健康状態、目的に合わせて適切な酵素ドリンクを選ぶことが重要です。

ジュース断食と酵素ドリンク

ジュース断食は、果物や野菜から抽出したジュースを摂取しながら行う断食方法の一つです。ここでは、ジュース断食の適切なジュースの選び方について説明します。

ジュース断食:

  1. 準備段階: 始める数日前から、加工食品や刺激物を避け、軽い食事を摂取します。また、十分な水分補給が必要なので、十分な水分や酵素ドリンクを摂取します。
  2. ジュースの選定: ジュース断食では、酵素ドリンクや果物や野菜から抽出した新鮮なジュースを摂取します。できるだけ有機栽培の食材から作られたジュースを選びましょう。酵素ドリンクやジュースは砂糖や添加物の入っていない、できるだけ自然なジュースが良いでしょう。
  3. ジュースの摂取: 1日に何回ジュースを摂取するかは個々の体質や目的により異なりますが、通常は1日3~6回程度、ジュースを摂取します。摂取量は、空腹感や体調に合わせて調整します。
  4. 水分補給: ジュースや酵素ドリンクだけではなく、水やハーブティー、野菜スープなど、無カロリーの飲み物で水分補給を行います。特に温かいお茶やスープは、体を温めて満腹感を得るのに役立ちます。
  5. 終了段階: ジュース断食を終了する際には、徐々に固形食品を摂取するリフィード(食事再開)期間を設けます。急激な食事の増加は消化器官に負担をかける可能性があるため、軽い食事から始め、徐々に食事量を増やしていきます。

準備期間

  • 必要に応じて、医師や栄養士に相談して準備を行います。
  • 断食を始める前に、十分な水分・酵素を摂取し、水分補給を行います。
  • 高カロリーや高脂肪、加工食品などの摂取を控え、身体を軽くするために軽い食事を摂取します。

準備期間や回復食などファスティングのスケジュールがびっしりです。

1日~3日の期間がおすすめ:

1日から3日程度の断食からはじめてみませんか?

  • 期間中は、水・酵素・無カロリーの飲み物を十分に摂取します。これにはミネラルウォーターやハーブティー、炭酸水などが含まれます。ただし、カフェインや甘味料の入った飲み物は控えた方が良い場合があります。
  • 適度な運動を継続しますが、激しい運動は避けます。
  • 必要に応じて、電解質補給ドリンクやミネラルサプリメントを摂取します。
  • 睡眠やリラックスを重視し、ストレスを最小限にします。

回復期間のファスティング食事

ファスティングの回復食はきのこや卵のおかゆやポタージュ、野菜スープなど体に優しいお好きな食べものでいいと思います。ドカ食いしない様に気を付けてください。

>ファスティング回復食メニュー

回復期間:

  • 終了する際には、ゆっくりとリフィード(食事再開)を行います。急激な食事の増加は消化器官に負担をかける可能性がありますので、軽い食事から始め、徐々に食事量を増やしていきます。
  • 高カロリーや高脂肪、加工食品などの摂取を避け、身体に優しい食事を心がけます。
  • ダイエットや健康効果を維持するために、健康的な食生活や適度な運動を続けます。

ファスティング期間中の状態に不安を感じたり、体調が急変した場合は、即座に中止し、医師に相談することが重要です。また、妊娠中や特定の健康状態を抱えている場合は、医師に必ず相談してください。

ファスティングダイエットのデメリットは、集中力の低下がありますので気をつけましょう。

断食は、何日がベストなのかは、あなた次第です。まずは短期間から始めてみてはいかがですか?

ファスティングのやり方で体の異常

以下のような異常を感じたら、ファスティングを即中止し、医師に相談してください。

【重篤な症状】

  • 激しい頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢
  • 血便
  • 脱水症状
  • 意識障害
  • 心拍数の異常
  • 発熱

その他の体の異常

  • 強い倦怠感
  • 集中力低下
  • 筋肉痛
  • 寒気
  • 肌荒れ
  • 不眠
  • 月経異常

ダイエットのやり方でファスティング目的と期間

成功させるファスティングは、以下の3つのポイントが重要です。

1. 目的や期間を明確にする

なぜファスティングを行うのか、具体的な目的を明確にすることで、モチベーションを維持しやすくなります。

2. 準備期間を設ける

いきなり食事を抜く方法ではなく、数日前から食事の量を減らしたり、消化の良いものを食べたりして、体を慣れさせいく方法がおすすめです。

3. 回復期間を設ける

ファスティング後は、いきなり通常の食事に戻すのではなく、数日間かけて徐々に食事の量を増やしていきます。

その他、成功させるためのポイント

  • 体調の変化に注意する
  • 水分やドリンクを十分に補給する
  • 無理せず、自分の体調に合わせながら行う

体にいいファスティングの食べていいもの飲んでいいものとは

ファスティングには、大きく分けて「断食」と「食事制限」の2種類があります。

断食では、一切の食事を摂取せず、水・酵素・お茶などのカロリーのない飲み物のみを摂取します。一方、食事制限では、カロリーや栄養素を制限した食事を摂取します。

断食の場合、食べていいものはありません。ただ、ヨーグルトや味噌汁で糖分ゼロは食べてもいいと思います。

食事と体にいいドリンク

そして固形物でないものがいいですね。断食で飲んでいいドリンクは以下の通りです。


お茶
コーヒー(無糖)
無糖炭酸水
酵素ドリンク
野菜ジュース
カロリーのないスープや味噌汁


食事制限の場合、食べていい食べ物は以下の通りです。

野菜
果物
スープ
ヨーグルト
ナッツ類
豆類

期間中はヨーグルトや味噌汁は食べてもいいですが、糖分なしや具なしを選ぶようにしてください。

ダイエットはファスティングで!見た目が良くなる

以下のようなファスティング効果が期待できます。

  1. 体重減少

短期間で体重を減らすことができます。これは、ファスティングの食事制限によって摂取カロリーを減らすことで、体脂肪が燃焼されるためです。

  1. 見た目の変化

体重減少によって、顔や体つきが引き締まり、見た目が変わります。また、ファスティングのデトックス効果によって、肌の透明感が増したり、くすみが改善されたりする効果も期待できます。ファスティングは、やり方次第で見た目が綺麗に痩せられますのでおすすめです。

  1. 胃腸の改善

ファスティングを行うことで、胃腸を休ませることができます。また、腸内環境が改善され、便秘や下痢などの症状が改善される効果も期待できます。

ファスティングはあくまでも健康的な生活習慣を取り入れるための手段であり、無理を続けることは危険です。持病がある方、妊娠中・授乳中の方、体調が悪い方は、医師に相談してから行いましょう。

さまざまな情報を参考に、自分に合ったファスティング方法を見つけることがポイントです。
また、リバウンドを防ぐためには、酵素や健康的な食生活を心がける事が大切ですね。

ファスティングの医学的根拠は体重や体脂肪の減少があり、またがんなどの病気防止効果があります。ダイエット効果や病気防止効果は嬉しいかぎりですね♪

ダイエットはリカバリーがファスティングのリバウンドを防ぐ

断食後のリカバリーは、リバウンドを防ぎ、ダイエットや健康効果を最大限に引き出すために非常に重要です。

リカバリー期間は、食事を抜いている期間と同じくらい重要です。一般的には、期間と同じ日数をかけて、ゆっくりと通常の食事に戻していきます。

リカバリー期間の食事

▼食事の注意点

最初は、消化に良いものを少しずつ食べる
野菜スープ、お粥、白身魚、豆腐などがおすすめ
徐々に固形物や脂質、糖質の量を増やしていく
水分や酵素をしっかり補給する

▼期間の注意

いきなりドカ食いしない
暴飲暴食しない
アルコールやカフェインを控える
十分な睡眠をとる
適度な運動をする


▼リバウンドを防ぐために

健康的な食生活を心がける
適度な運動をする
規則正しい生活を送る

ファスティング(断食)は酵素ドリンクやスムージー


ファスティング効果は、体重減少、デトックス効果、内臓機能の回復、美肌効果など、さまざまな効果が期待できます。酵素を取り入れる方法は美容や健康に効果がありますね。酵素ドリンクや酵素スムージーを取り入れる方法がおすすめです。

断食はあくまでも健康的な生活習慣を取り入れるためであり、無理を続けることは危険です。持病がある方、妊娠中・授乳中の方、体調が悪い方は、医師に相談してから行いましょう。

必ず行う前に、自分の体調や体質に合った方法を選択することが大切です。さまざまな情報を参考に、自分に合った方法を見つけてください。

よくあるファスティングQ&A

Q. 誰でも行っても大丈夫ですか?

A. 持病がある方、妊娠中・授乳中の方、体調が悪い方は、事前に医師に相談しましょう。

Q. 期間中はどのような症状が出ますか?

A. 空腹感、頭痛、倦怠感などの症状が出る場合があります。これらの症状は、通常数日以内に治まります。

Q. どれくらい体重が減らせますか?

A. 期間や方法によって異なりますが、1日で1~2kg程度減量できる可能性があります。

Q. 体重が減ってからリバウンドしますか?

A. リバウンドを防ぐためには、健康的な食生活を心がけることが大切です。水のみではなく酵素ドリンクや野菜系も取り入れる方法がいいでしょう。もしくは併用でもいいですね。

ファスティングのやり方は酵素ドリンクがおすすめ

ファスティングのをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?長い期間こそ、準備や回復に手間をかけた方がおすすめです。逆に1食抜くプチ断食や16時間断食は手軽にできる方法ですので、準備にさほど手間はかかりません。

プチ断食をコツコツやるか、期間をまとめてするかはあなた次第です。お好きな方法でファスティングを楽しんでください。土日やお休みにはじめてみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました