WebDesign Dackel

プログラムを書いていて反省

Hatena0
Google+0
Pocket0
Feedly0

仕事でプログラムを書いていて、バグが出ること、原因が分からなくて修正の目処が立たない。なんてことがあるかと思います。僕はよくあります。

そんな時皆さんはどうするでしょうか?

その時の対応でちょっと反省したことがあるのでブログに書いておこうと思います。

 

1.原因を決めつけすぎちゃう

原因を調査して、なぜそうなったのかを知ることは大切、というか基本だと思います。

ただ、自分の中で原因を決めつけすぎちゃうと他にある原因に気づかなくなってしまいます。

 

2.バグが出ると焦る

ここでこんなバグが出たら間に合わない! 全く原因がわからない!

そんな感じで焦ることがよくあります。。 ただ、焦ってしまうと原因が全く見えてこないで、余計にあせってしまいます。

 

3.最小限のテストをする

実装したい内容の最小限でテストを作って、何処が悪いのか、また他のところが原因かどうかが分かります。焦らずにこの方法で検証するのが近道な感じがします。

 

以上、最近になって反省しっぱなしだった箇所をまとめてみました。
まとめてはみましたが、極力バグが出ないようにコードがかけるようになりたいです。。